PR

神話の力がツインレイに影響を与える理由とは?

ツインレイ
記事内に広告が含まれています。

日本は恋愛の形が変わりつつあるようです。過去10年間で結婚率は急落し、前の世代と比較して、若い独身者たちは現実のデートよりもむしろSNSに時間を費やしているようです。

恋愛において、「思う人には思われず、思わぬ人に思われる」ということがよく起こるものですが、大人になるとますます両想いになるのが難しくなってきます。

なぜ私たちは相思相愛を求めているのでしょうか?

相思相愛の起源

「相思相愛」という言葉の初期の使用例の一つは、詩人サミュエル・テイラー・コールリッジによる1822年の手紙から来ています。手紙には「結婚生活で幸福になるには.、相思相愛の相手が必要です」と書かれています。

コールリッジは、成功した結婚には経済的または社会的な適合性以上に、精神的なつながりが必要と考えていました。

コールリッジの数世紀前、ギリシャの哲学者プラトンは、「饗宴(シンポジウム)」という著作で、相思相愛を求める人間の理由について書きました。プラトンは詩人アリストパネスの言葉を引用し、すべての人間がかつて2つの身体が一つに結ばれていたが、ゼウスが恐怖から人間を分離したと述べています。アリストパネスは、2人の相思相愛の人が再会するという至上の体験を以下のように説明しています。

「2人のうちの1人が自分自身の半分であるもう1人に出会うと、2人は愛と友情と親密さに満ちた幸せに包まれ、お互いを見失うことなく、一瞬たりとも他の人に目移りすることはありません」と述べています。

宗教的なもの

コールリッジやプラトンに限らず、宗教においても、人間の魂と神とのつながりが描かれてきました。宗教的な例は数多くありますが、ユダヤ教とキリスト教から2つだけ紹介します。

これら2つの信仰は、結婚に関する言葉を用いて、神との関係を理解しようとしました。重要な違いがあるにもかかわらず、2つの宗教は、真の自己、幸福、完全性への道として、神との情熱的な結合を描写しています。

ヘブライ聖書では、神は選ばれた民であるイスラエルと婚約した相手として一貫して描かれています。「あなたたちを造った者が、あなたたちの夫である」という聖書の一節があります。古代の王国であるイスラエルは、神の配偶者として描かれています。

イスラエルの歴史全体にわたり、この考え方はイスラエルの人々と彼らがヤハウェとして知っている神との関係を枠組みとしています。ヤハウェが選ばれた民であるイスラエルとの契約を批准するとき、彼はしばしばイスラエルの夫として言及されます。逆に、イスラエルはヤハウェの妻として描かれています。イスラエル人にとって、神はまた彼らのロマンチックなパートナーでもあります。

「雅歌(ヘブライ聖書の中の一編)」には、官能的な恋愛詩が含まれており、彼女は男性と共にいたいという願望を表現しています。物語には、2人のキャラクターがお互いの体を愛でる様子を鮮明に描いた生々しい物理的描写が含まれています。

男性が彼女に言った「あなたの園は、選ばれた実り豊かな果物で満ちています」という言葉は、物語の中で描かれており、「あなたの園は、命の泉、レバノンから流れ出る川」という形で、彼女の園もまた美しいと評価されています。

「雅歌」は、ユダヤ教とキリスト教の聖書の重要な一部であり、数千年にわたって、ユダヤ教の賢人たちによってイスラエル史上最も重要な出来事を理解するための鍵として解釈されてきました。

エロティック・ミスティシズム

エロティック・ミスティシズムとは、身体的な愛や性的なイメージを通して神的な存在や啓示を表現し、経験することを目指す神秘主義の一形態であり、宗教的な実践です。この実践は、主に中世ヨーロッパや東方の宗教、特にユダヤ教やキリスト教の一部で見られました。

2世紀に入ると、キリスト教徒たちも聖書の雅歌を通して神との関係をエロティックな言葉で表現するようになりました。

最初かつ最も影響力のある人物の一人が、2世紀の神秘思想家であり、初めての偉大なキリスト教神学者であったアレクサンドリアのオリゲネスでした。彼によれば、雅歌は魂のキリストとの関係を理解するための鍵でした。

オリゲネスは、この詩は「花嫁の図を描いた劇であり歌」として、花嫁が「神」としての花婿と結婚する物語として捉えられています。

オリゲネスは、イエス・キリストを自らの神聖なるソウルメイトと位置づけています。彼は、終末の時を予見し、自らの魂がキリストに「結びつく」ことになり、二度と分かたれることのないと考えています。

神話の力

神話の力は、ツインレイという考え方にも影響を与えています。

ツインレイとは、2つの魂が互いに深い結びつきを持ち、魂レベルでの親和性を持つとされる概念です。この考え方は、宗教や神話における魂の伴侶や運命の人という概念と共通する要素を持っています。

神話には、魂の伴侶が互いに引き合われるという物語や神話が存在し、アリストパネスのプラトンの対話や、エジプト神話におけるオシリスとイシスの物語などがあります。これらの神話は、2つの魂が互いに結びつくというツインレイの概念を暗示しています。

また、神話や宗教における魂の伴侶の理念は、現代のツインレイという考え方にも影響を与えています。ツインレイという概念は、自分自身の魂の伴侶を探し求める人々にとって、神話的な力や神秘的な意味を持っています。これは、神話や宗教の影響が、現代のツインレイの考え方にも反映されていることを示しています。

ツインレイの考え方は、宗教的な源泉に魂の伴侶の理念を遡ることで、神話の力に新たな視点を与えています。これにより、ツインレイを求める人々は、神話や宗教における魂の伴侶の物語や神話的な要素を参考にしながら、自分自身の魂の伴侶を探し続けることができるのです。